Discography とがわちずこ(店主)のCD

It's Easy to Remember

It's Easy to Remember
とがわちずこ
2014年6月18日発売

  • 1. Gee, Baby, Ain't l Good
  • 2. My Foolish Heart
  • 3. The Lady Wants to Know
  • 4. It Could Happen to You
  • 5. All the Things You are
  • 6. Sunflower
  • 7. It's Easy to Remember
  • 8. Breaking Up is Hard to Do
  • 9. Here, There and Everywhere
  • 10. When I Fall in Love
  • 11. We'll be Together Again
ジャズ・シンガーとがわちずこのデビューアルバム。
栃木県益子町生まれのとがわちずこは、子供のころからピアノを習い、高校時代にジャズに触れた。そして、ジャズに開眼し、ジャズシンガーとして現在に至るきっかけとなった人物は、この作品に参加しているピアニストの吉田桂一だそうだ。
その吉田と共に参加している岡安芳明(G)と佐々木悌二 (B)の3人は2013年に『トラストワージー』を録音した盟友同士でもあり、共にとがわの顔なじみでもある。
本作が記念すべきデビューアルバムとなったとがわにとっては心強いサポートを得ることができ、「ジャズ・スタンダードのメロディが持つ本来の素晴らしさをきちんと歌いたい」という強い願いが叶った作品となった。タイトル曲やビートルズの名曲等、11曲を収録。(文:The Walker’s 加瀬正之)
Request

Request
とがわちずこ
2016年8月24日発売

  • 1. Amapola
  • 2. Feel Like Making Love
  • 3. How Insensitive
  • 4. What A difference A Day Makes
  • 5. My Favorite Things
  • 6. A Boy Named Charlie Brown
  • 7. Here’s That Rainy Day
  • 8. Cheek To Cheek
  • 9. My Love
  • 10. If
ソフト&メロー、心に響くスウィート・ヴォイスのとがわちずこ。
第2弾はギターの名手、片桐幸男と渡辺庸介のアコーステックギター2本とのコラボレーション。
前作の『It's Easy to Remember』では日本を代表する岡安芳明(G)、吉田桂一(P)、佐々木悌二(B)の黄金トリオをバックに、スウィートな歌声を披露し好評を博した。
今作品ではしばたはつみ門下生時代に、しばたのサイドメンとして活躍していた片桐の誘いもあり、アコーステックギター2本をバックに録音。ギターの絶妙なインタープレイと、見事な歌唱を披露している。